サファリリゾート 姫路セントラルパーク

SAFARI PARK

SKY SAFARI
スカイサファリ

サファリを見渡す360°の大パノラマの空中散歩

スカイサファリイメージ

ゼブラ柄がマッチした3連ゴンドラのロープウェー

スカイサファリは、ウォーキングサファリ山麓の「野生の国」駅からサファリパーク山頂の「ふれあいの国」へと向かう全長約317mのロープウェーです。
ウォーキングサファリの後に、空からの動物観察をお楽しみください。

スカイサファリからの景色 スカイサファリとゾウ。見下ろす男の子

高低差約41mの傾斜を進みながら、眼下にゾウやサイ、ラクダ、シマウマを見ることができます。 雄大な景色の中に小さく見える動物のかわいい姿は、「スカイサファリ」ならではの光景です。

バリアフリー対策も万全です。

バリアフリー対策

両駅では、車椅子のままでゴンドラに乗降できるよう構内の段差をなくしていますので、安心してご利用ください。

スカイサファリルート

スカイサファリルート

■モデルコース
駐車場→チャイルズファーム→ウォーキングサファリ 野生の国→スカイサファリ「野生の国」駅→「ふれあいの国」駅→駐車場

さあ、ゴンドラに乗って空中サファリの旅へ

スカイサファリから見下ろした動物たちや景色
スタッフだから知っている!
スカイサファリレポート
スタッフ写真とスカイサファリ

スカイサファリとは、姫路セントラルパークのサファリで、ウォーキングサファリの駐車場付近のふれあいの国駅と野生の国駅を繋ぎ、「野生の国駅〔山麓駅〕」まで来られた方を、「ふれあいの国駅〔山頂駅〕」へお送りする、又は、足の不自由な方等、歩き廻る事が困難な方が、便利に移動出来る様に作られたロープイウェイです。
このロープウェイで採用されている方式は、単線固定循環式普通索道と云う方式のもので、日本で唯一スカイサファリのみで採用されています。
平日では、混み合う事はほとんどありませんが、土日やゴールデンウィーク、お盆等には、混み合います。混み合う時間は、お昼少し前頃より混み始め、15時頃になると混雑は解消され始めます。混み合う時間帯を考慮してご利用されるとスムーズに移動出来るかと思われます。

  • 営業開始:2003年7月18日
  • 架設場所:サファリゾーン山頂『ふれあいの国』駅~山麓『野生の国』駅
  • 利用料金:無料
  • 全長:317.69M/起終点高低差:41.10M
  • 搬器店員:12名 所要時間:172秒
  • ロープウェイ数:6

平成28年度スカイサファリの安全への取り組みについて(平成28年度安全報告書)[PDF] 平成27年度スカイサファリの安全への取り組みについて(平成27年度安全報告書)[PDF] 平成26年度スカイサファリの安全への取り組みについて(平成26年度安全報告書)[PDF] 平成25年度スカイサファリの安全への取り組みについて(平成25年度安全報告書)[PDF] 平成24年度スカイサファリの安全への取り組みについて(平成24年度安全報告書)[PDF] 平成23年度スカイサファリの安全への取り組みについて(平成23年度安全報告書)[PDF] 平成22年度スカイサファリの安全への取り組みについて(平成22年度安全報告書)[PDF] 平成21年度スカイサファリの安全への取り組みについて(平成21年度安全報告書)[PDF]