そこは動物たちの楽園 さあ、歩いてサファリへでかけよう

森の中を歩き回りながら、
出会う。

ウォーキングサファリは、緑に囲まれたコース内を自由に歩きながら、さまざまな動物たちと間近に遭遇するサファリです。

放し飼いの鳥や
動物たちがすぐそこに!

フライングケージの中は、自由に飛び回る色鮮やかな鳥たちでいっぱい。

のほほんと温泉に入るカピバラに、誰もが癒されます。

ワオキツネザルの木登り姿も必見!

大きくてちょっぴり怖そうな
エミューも実はおとなしい
性格です。

お昼はのんびり過ごすワラビー。豪快なジャンプが見れたら、ラッキー!

希少なホワイトライオンとホワイトタイガーに会える!

どちらも突然変異の白色種。世界でも300頭ほどしか生息していないホワイトライオンと、昔より”白虎”として祟められ、日本に20頭前後しか飼育されていないホワイトタイガーを、一緒に見ることができます。

ドキドキの「えさやり体験」も参加!食べる様子を金網越しからでも、その迫力が伝わります。

ゾウやキリンにも、えさやり体験ができる!

ドライブスルーサファリの動物に餌をあげることができます。
アフリカゾウからもれる息づかいやキリンの50cmもある長い舌の迫力を感じてみてください。

えさやり体験詳細はこちら

ベアバレーのエゾヒグマ”クニコ”はえさをもらうために、思い切りのけぞった万歳ポーズで楽しませてくれます。

ヒグマの大きさが体感できる撮影スポットで、
ハイチーズ!

まだまだいろんな動物が、ウォーキングサファリで待っています!

コツメカワウソ

愛らしい仕草のカワウソ。展示場ではその生態
がよくわかります。

ニホンザル

モンキーマウンテンに棲むニホンザル。隣のあの人ににているかも・・・?

レッサーパンダ

かわいい顔とポーズで人気のレッサーパンダ。本当はアライグマ科です。

歩きながら、自分だけの撮影ポイントを見つけよう!

動物に接近して撮ったり、ウォーキングサファリには
撮影スポットがいっぱい!また入口では、撮影スタッフが
撮影。でき上がった写真はオリジナルフレーム入りで
販売しています。思い出にぜひどうぞ!

カメラ
本

第一フライングケージ担当 松岡 沙穂

カピバラの大家族たち

スタッフだから知っている!
サファリレポート

最近、第一フライングケージを盛り上げてくれているが
『カピバラ一家』です。現在10頭の大家族!カピバラはネズミの仲間で
最大種で、大人になるとなんと60㎏位になります。
モルモットの事を和名でテンジクネズミと言いますが
カピバラはオニテンジクネズミと言われるくらいです・・・
大人の雄の象徴として鼻の上に卵型の突起物があり、これがあると雄だということがすぐわかります!この突起物の名前を『モリージョ』と言います。
実は姫センにいるカピバラの中にこのオスの象徴『モリージョ』と言う名前の子がいるんです!しかも、そのカピバラは女の子・・・一生かかっても、モリージョは出てきません・・・
なんとなく顔を見てピンっときたとか・・・
ぜひ『モリージョ』はじめカピバラ一家に会いに来てください!